top of page

アウトプット型教育オンラインサロンTeacher2.0正式リリース!



国際エデュテイメント協会は、本日、アウトプット型教育オンラインサロン[Teacher2.0]を正式リリースいたしました。

Teacher2.0では毎月、全国の先進的な取り組みをされている先生や、各分野の専門家をメンターとしてお招きします。参加者には毎週与えられる課題について自身の考えをアウトプットしていただき、教育に対する知見を深めることができます。


7月の学習テーマは「真のグローバル社会における進路指導の在り方」です。

メンターとして、香里ヌヴェール学院中学校・高等学校の池田靖章校長先生をお招きします。 池田校長先生は、昨年度、現役最年少校長として、香里ヌヴェール学院中学・高等学校に就任し、21世紀型教育をベースに、英語教育・探究教育・グローバルシチズンシップ教育、そして海外進学などの取り組みを推進されています。

前任校では「アジア進学」の可能性を開拓され、アジアの大学への進学実績を積み上げてこられました。

ぜひ7月は池田先生と共に「グローバル社会における進路指導」を学習していきましょう。

7月25日(土)には池田校長先生によるオンラインセミナーが開催されます。オンラインサロンメンバーは無料で参加できます。また、定期的に開かれるフリートーク座談会にも参加いただけます。


具体的な課題は

1週目:あなたが考える「グローバル」の定義はなんですか?「グローバル社会」とはどのような社会だと考えますか? 2週目:あなたの学校の進路指導方針はどのようなものですか?また進路指導の経験がない方は、自分が受けた進路指導がどのようなものだったか教えてください。 3週目:海外進学はありですか?なしですか?高校3年生で海外進学を進路指導の中で薦めることついてどう考えますか? 4週目:一教師として、あなたが進めたい進路指導とはどんなものですか?進路指導の経験がない方は理想の進路指導方針を教えてください。

となっております。



この機会にぜひ全国の先生方と議論を深めて、教育観のアップデートに生かすことができれば幸いです。

▼Teacher 2.0の詳細はこちらをご覧ください。




閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

児童生徒の情報活用能力を診断・育成するサービス 「ジョーカツ」第1弾実証プロジェクト効果レポートを公開。「基本操作」「問題解決・探究スキル」「情報モラル・セキュリティ」ともに向上 | GIGAスクール構想の第二段階へ

GIGAスクール構想の次の段階へ 全国の教育委員会や学校に向けたDX支援や英語・探究の教材開発、広報支援を行う一般社団法人国際エデュテイメント協会 (本社:東京都千代田区、代表理事:森 俊介、以下「当社」は、2023年度(2023年11月~2024年3月)小学生から中学生を対象とした情報活用能力を診断できるツール「ジョーカツ」を6地域に対して実証第1弾を実施し、実証参加者の情報活用能力の「基本操作

SDGsオンライン探究プログラム「クリティカル」探究的な学び支援補助金2023の採択事業が無事に終了しました。

探究的な学び支援補助金2023終了。探究的な学びの促進に 経済産業省の補助金事業、探究的な学び支援補助金に弊団体が事業者採択をされ、2023年度はSDGsオンライン探究プログラム「クリティカル」を全国の中学・高等学校へ提供しました。 SDGsオンライン探究プログラム「クリティカル」の効果報告レポートはこちら ▶︎ https://ictconnect21.jp/tankyu2023/tankyu2

児童生徒のICTスキルや情報モラル等の情報活用能力を診断する新サービス「ジョーカツ」をリリース。自治体・学校・児童生徒の現在地を可視化、カリキュラムや教員研修に。実証プロジェクト自治体募集

全国の教育委員会や学校に向けたDX支援や教材開発、広報支援を行う一般社団法人国際エデュテイメント協会 (本社:東京都千代田区、代表理事:森 俊介、以下「当社」は、小学生から中学生を対象とした情報活用能力を診断できるツール「ジョーカツ」の提供を新たに開始します。 詳細のリリースは以下をご確認ください: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.00008

Comments


bottom of page