top of page

Teacher2.0わちゃわちゃMeetup#001

「今、これからを生きる力を。」を理念に掲げる国際エデュテイメント協会では、Teacher2.0という学ぶ場所に関わる方、関わっていきたい方のためのオンラインサロン

を7月1日に正式リリースいたしました!

そして、7月3日に初のMeetupを開催いたしました。今回は、その様子を少しだけお届け

します。



先生観をアップデートするオンラインサロン


まずは代表理事 から、Teacher2.0の説明をさせていただきました。

概要に関しては、教育オンラインサロンTeacher2.0をご覧いただきいたいのですが、

森からは切磋琢磨できる、あたたかいコミュニティを作っていきたいという素直な

言葉がありました。

運営側には、このサロンを、インプットした情報を自分ごととして整理し、実践をするための場所にして欲しいという想いがあります。教育系ベンチャーで感じてきた、時代と学ぶ場所の温度差への違和感などから、このコミュニティで、生徒を主とした学びの場を広げるという目標があるからです。



メイントーク:今回のテーマ「グローバルの定義」を考える

サロンの今月の学習テーマは「グローバル社会における進路指導のあり方」です。そのテーマに合わせて毎週課題が出るのですが、今週の課題にそって、グローバルという言葉、その意味ってなんだろう...と、参加者の皆さまと話しました。

そもそも、グローバルについて学習指導要領にちゃんと記されていないんですよね...から始まり、

・グローバル人材=英語ができると思われがちだが、言葉よりもそのマインドセットが大事だと思う ・グローバルという言葉自体が、グローバルがわからない人に向けた言葉じゃないか? ・グローバルな人になっているか?なっていないかはどうやって決めるの? ・どう評価をしたら、この人はグローバルと言えるか考えても面白いかも! ・ゴールを決めた行動なのか?それをできる人なのかといったような、生きるための力につながるようなことも絡めて考えたい

など、様々な意見が飛び交いました。その中でもとても興味深かったのはIB校の先生から出た、海外が目指すグローバルと日本が目指すグローバルの目指す方向に違いがあるのではないか?という問いです。この問いから、さらにトークは熱をおびていきました。



今月のメンター池田先生が登場


交流会の後半からは今月のメンターである、池田先生(登壇イベント詳細はこちらから)交流会に参加していただきました。池田先生からは、どう違いを認めるか?その違いを認めるということ自体がすごく難しいよねということから、みんなと話たいというようなお話がはじめにありました。

池田先生はイギリスのシチズンシップを研究してこられたので、市民の力というものに絡めて、グローバルな人材を考えるヒントになるお話をしていただきました。

それほんまなん?という邪悪な目線を持つことが大事。

綺麗なところと汚いところと両方やるというのが、イギリスのシチズンシップ。生きるか死ぬかの瀬戸際のグローバル人材は日本の考えるグローバル人材とは少し違うかもという、交流会前半の問いにも触れるお話はとても興味深く、より詳しく学んでみようと思える内容でした。



イベントまでに自分の考えを深めていく

このように、毎週イベントテーマに沿って出させる課題をみんなで深めたり、自分の考えをまとめるために学習し、アウトプットする場を設けています。そして、月末のセミナーを受講することによって、自分の考えをより深いものにしていきます。

是非、一緒にグローバル社会における進路指導について考えていきませんか?

教育オンラインサロンTeacher2.0では、メンバーを募集しています

みなさまのご参加お待ちしております!


閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示

児童生徒の情報活用能力を診断・育成するサービス 「ジョーカツ」第1弾実証プロジェクト効果レポートを公開。「基本操作」「問題解決・探究スキル」「情報モラル・セキュリティ」ともに向上 | GIGAスクール構想の第二段階へ

GIGAスクール構想の次の段階へ 全国の教育委員会や学校に向けたDX支援や英語・探究の教材開発、広報支援を行う一般社団法人国際エデュテイメント協会 (本社:東京都千代田区、代表理事:森 俊介、以下「当社」は、2023年度(2023年11月~2024年3月)小学生から中学生を対象とした情報活用能力を診断できるツール「ジョーカツ」を6地域に対して実証第1弾を実施し、実証参加者の情報活用能力の「基本操作

SDGsオンライン探究プログラム「クリティカル」探究的な学び支援補助金2023の採択事業が無事に終了しました。

探究的な学び支援補助金2023終了。探究的な学びの促進に 経済産業省の補助金事業、探究的な学び支援補助金に弊団体が事業者採択をされ、2023年度はSDGsオンライン探究プログラム「クリティカル」を全国の中学・高等学校へ提供しました。 SDGsオンライン探究プログラム「クリティカル」の効果報告レポートはこちら ▶︎ https://ictconnect21.jp/tankyu2023/tankyu2

児童生徒のICTスキルや情報モラル等の情報活用能力を診断する新サービス「ジョーカツ」をリリース。自治体・学校・児童生徒の現在地を可視化、カリキュラムや教員研修に。実証プロジェクト自治体募集

全国の教育委員会や学校に向けたDX支援や教材開発、広報支援を行う一般社団法人国際エデュテイメント協会 (本社:東京都千代田区、代表理事:森 俊介、以下「当社」は、小学生から中学生を対象とした情報活用能力を診断できるツール「ジョーカツ」の提供を新たに開始します。 詳細のリリースは以下をご確認ください: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.00008

Comments


bottom of page